【沖縄のレンタカー事情】ノンオペレーションチャージとは?

ノンオペレーションチャージというのをご存知ですか?レンタカーを利用する際はある程度基礎知識を知っておきましょう。 - 【沖縄のレンタカー事情】ノンオペレーションチャージとは?

【沖縄のレンタカー事情】ノンオペレーションチャージとは?

bfdf
楽しい毎日を送っている分には私たちの生活はそれほど困ったことなど起きません。
「毎日こんな具合で運んでくれたら良いのに」と思うのは誰しも同じで、楽しい生活を送るためにいろいろなことをします。
例えば旅行へ出かけるなんてことは、楽しい生活を送るための手段の一つと位置づけられるでしょう。

沖縄や遠くの離島へ出かけよう

せっかく旅行へ行くのであるならば、全く知らない様な地域に出かけてみることをオススメします。
近場の温泉で済ませるとか、アミューズメント施設で済ませるのも悪くはありませんが一体何のために旅行へ行ったのだろうかと後々自問自答することになります。
ならば、沖縄や離島といった自分の知らないところへ出かけてみれば良いのです。

鉄道が走っていない!

ところで、沖縄や離島では移動手段が限られます。
元々の地理的条件から「鉄道」が走っていないのです。
沖縄の那覇市には「ゆいレール」と呼ばれるモノレールは走っていますが、それ以外の私たちが普段目にする鉄道はどこを探しても走っていません。
離島に行ったって同じで鉄道はどこも走っていないのです。

バスじゃやっぱり不便だからレンタカーを

鉄道がない分路線バスが発達している地域ではあるものの、全ての地域へ全ての路線バスが向かっているというわけではありません。
タクシー移動だって結構面倒ですしお金も高くつきます。
ならば沖縄レンタカーという常套手段を使い、沖縄の中を散策してみてはいかがでしょうか。
運転免許は日本全国共通で使えるわけですし、「ここに行ってみたい」と思ったらすぐにハンドルを握ってアクセルを踏み込めば自分の生きたいところへとすぐについてしまうのです。
バスでは行けないような所にだって、レンタカーならばすいすいと入っていけますよ。

事故に遭うリスクは変わらない

レンタカーは自分で運転しなければなりませんから、交通事故に遭遇するリスクは自家用車を運転するのと何ら変わりありません。
事故に遭遇するかも知れないと考えながら運転するのは安全運転の基本です。
むしろ、いつも自分が運転しているわけではない車だからこそ事故を起こすリスクがもしかしたら高まるかも知れません。

安全運転をしていても起こりうること

jtdyd 事故に遭遇するリスクは安全運転をしていれば0になるというものではなく、他人からぶつけられる可能性だって十分に考えられます。
安全運転をしていてもそうしたことが起るというのであるならば、あらかじめ事故が起ったときにはどのようなことが起るのか知っておくことが大切です。

お金がかかることを知っている?

レンタカーで事故に遭遇したときにはなんだかんだでお金がかかります。
修理だってしなければなりませんし、治療も済ませなければなりません。
こうしたことに関してはレンタカーの契約時に契約する自動車保険などで填補してもらえるためそれほど気にする必要は無いでしょう。
ところが「ノンオペレーションチャージ」というものは保険契約の有無などに関わりなく支払わなければなりません。
例え修理代金がほとんどかからないような事故であったとしても、お店側から請求されるのです。

正しい知識を身につけて安全安心な旅行を実現しよう

今回は事故を起こしたときに請求されるノンオペレーションチャージというものについてご紹介していきたいと思います。
案外この正体をしらないままにレンタカーを借りられている方もいらっしゃいますから、正しい知識をぜひとも身につけてくださいね。